最新ニュース

==============================================================
削られる山の高さはビル20階分!
「日本最大の”環境破壊型”メガソーラー計画」を知ろう・考えよう・語り合おう

第2回 鴨川の山と川と海を守るつどい
==============================================================

[日時]2018年6月9日(土) 13:30 – 16:30 (開場13:00)
[場所]鴨川市民会館 2階会議室
[主催]鴨川の山と川と海を守る会
問合せ先:kamogawa.mamoru@gmail.com
*参加無料・予約不要・お子さん連れの方もご遠慮なく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
広さ150haもの豊かな広葉樹の森を伐採して、
深い谷筋が無数に走る険しい山を高さ最大60mも削り、谷を埋めて平たくする…
山林を破壊して建設するものとしては日本最大のメガソーラー計画
千葉県鴨川市田原地区で進められています。

鴨川の宝ー山や川や海を守り、その恵みを得て営まれる暮らしを守り育てたい。
そんな思いを抱く市民がみんなでつくる「つどい」です。
語り合いましょう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◾おもな内容◾

|| 市長あいさつ(要請中)

|| 事務局からの簡単な報告
・田原地区メガソーラー建設計画の問題点のまとめ
・同計画をめぐる林地開発許可の進捗状況とこれに対する市民の取り組みについて

|| メインプログラム 1 〜 ゲストリレートーク
市内キーパーソンの方々が順に意見や思いを語ります
[ゲストトーク参加者](5月21日現在)
・田原地区 吉田正さん(事業地の地区住民としての思い)
・内浦地区 水上順義さん(内浦地区メガソーラー建設工事の際の海への影響を振り返る)
・鴨川里山を守る会 会長 川井健司さん(会として「田原地区メガソーラー反対」を決議)
・大山不動尊総代長 小川直男さん(山が壊される危機は遠い大山地区にとっても他人事ではない)
・日本プロサーフィン連盟名誉顧問 川井幹雄さん(鴨川の海を愛するサーファーとしての思い)
・天津神明宮 神職 岡野大和さん(山林を生かす鴨川のまちづくりを提案)*メッセージ参加

さらにまだ数名の方々と調整中です。当日ご都合がつかず参加叶わない方については
お寄せいただいたメッセージを代読します。
*メッセージ参加:上記の岡野さんほか、歌手 Yaeさん、ジャーナリスト 高野孟さん、
NPO法人エコロジーアーチスケープ 日暮晃一さん、他

|| メインプログラム 2 〜 みんなの意見交換
会場から質問やご意見をいただくコーナー、たっぷりおよそ1時間
情報、意見、疑問、思いを交換し合いましょう!

◾ 当日配布資料も充実!◾
・田原地区メガソーラー建設計画の問題点まとめ
・事業者が4月20日の説明会で配布した「質問への回答書」の内容の徹底検証
・「山は儲かる!」・・山林資源を生かした持続可能な経済活動の先行事例の紹介
などなど、充実した内容の資料を準備する予定です。

お待ちしています!

 

鴨川市議会選挙があります。投票日は5月27日(告示日20日)となっています。
鴨川の山と川と海を守る会と鴨川メガソーラー建設の中止を求める会では、共同で市議会議員立候補予定者へ、アンケートを行いました。
アンケートの内容は、この建設計画に「賛成」「反対」「わからない」の3点と、その理由です。
21人の立候補予定者にアンケートの書面を送りましたが、残念なことに、返信があったのは9名にとどまりました。

立候補予定者回答まとめ3

 

 

 

第3次集計分1284筆(手書き署名776筆、ネット署名508筆)を5月9日、鴨川市長に提出しました。

署名の総数は8516筆となりました。
市内外、各地より、この自然環境破壊型のメガソーラー建設に反対するみなさま、ご協力ありがとうございます!
建設計画撤回まで署名は続きます。今後もご協力よろしくお願いします!!

 

環境破壊型メガソーラー 事業者による「説明会」が4/20開催

様々な問題をかかえている、南房総鴨川市で5月着工予定?の「環境破壊型メガソーラー」の事業者「説明会」が、4/20(金)18時半より、鴨川市市
民会館で開かれます。

前代未聞とも言われている、大規模造成工事によるメガソーラー建設は、専門家からも多くの問題を指摘されています。

2/17に鴨川市民会館で開かれた、「太陽光発電所建設計画 を考える集会」の席でも、国内外で自然環境整備指導をされている専門家より、鴨川の
メガソーラー計画地で大規模造成工事が行われれば、水脈に変化を及ぼし土砂崩壊の危険が増すと指摘しています。
(お話しの内容は「水脈環境からメガソーラー」で検索、youtube動画で見れます)

そんな中、事業者が4/10,11に「メガソーラー事業説明会開催」のチラシを配布しました。

林地開発の許可を得るために条例では、

「住民説明会の開催予定日の2週間前までに、自治会の広報又は回覧、個別の通知又は連絡、
許可申請予定者のホームページへの掲載その他の方法により十分に周知してください。」

とありますが、問題の事業者は、開催日の10日前にチラシを配布するなど、期日を守らないどころか、
問合せの連絡先も書かないような酷いものです。

このままだと事業者は、「説明会は開いた」という事実を整え、メガソーラー建設手続きの材料にされてしまいます。

あとになって、「あの時、声を上げていれば」と後悔しないよう、大勢の方の参加で、
一方的な説明会で終わらせないよう、みなさん、お知り合いを誘ってぜひ足を運んでください。

 

 

 以下のチラシは鴨川つどいの会の了承を得て掲載しています。

 

毎日新聞2018年2月18日付掲載記事

読売新聞2018年2月18日付掲載記事

 

「鴨川の山と川と海を守るつどい」 の市民グループが、池田地区に予定されている「メガソーラー計画」について考える集会を開きました。

チラシ掲載の了解を得ましたので、ここにご紹介いたします。